更年期障害女性体験談

心療内科受診で更年期障害の症状が改善したケース

心療内科更年期障害

看護師をしている56歳の女性です。仕事柄、生活は不規則でストレスも多く、細やかな体調不良や気分の浮き沈みは「仕方ない」と思いながら過ごしていましたが、48歳を超え生理不順になってからは「寝込みそう」と思われるぐらいに症状が酷くなりました。

具体的な症状としては、突然あらわれる動悸やめまい、酷い肩こり、夜間の途中覚醒、些細な事での気分の落ち込みやイライラ感です。更年期障害については、理解はしていましたが、自身の母親からは「更年期障害なんか私にはなかったから、娘の貴女も大丈夫」と言われており、また「更年期障害の症状は親子でタイプが似るらしい」と言う根拠のない話をまともに信じていました。

そのおかげで、動悸がすると循環器、めまいで耳鼻科受診をしたりと更年期障害以外の病名が欲しかったのか、自身の加齢を認めたくなかったのか…。当然、更年期障害という事を告げられました。

同期の友人と比べてみたり、自分自身が人より老いているのか…など悩みました。医師は「気分転換したり、ホルモン療法」を勧めてきましたが、気分転換に通うフィットネスジムも、その人間関係が面倒でストレスになるし、ホルモン療法は仕事柄「ガンのリスク」を考えると なかなか踏み出せない状況でした。

職場会議の最中に動悸や理由のない不安感なども出現して 他者からも明らかに体調不良が分かることもありました。かと言って、生活がかかっているので仕事を辞める事も出来ず、毎日「早く更年期障害が終わる事」を願っていました。

更年期障害には、個人差が激しく私のように生活を維持するのに大変な人もいる反面、たいして症状のない人もいる為、私の症状は「オーバー」「気の持ちよう」だと、同姓であっても否定的に捉えられる事も多い現状でした。

そんななか、意を決して心療内科を受診してみました。これは乳癌告知などされた患者が精神的なフォローまではめんどくさいし、出来ないと外科の医師が心療内科受診を勧めている事が多く、時折心療内科の患者の訴える症状が私の訴えに似てる事に気がついたからです。

心療内科ではまずカウンセラーがゆっくりカウンセリングをしてくれた後に 医師の診察です。ひとつひとつの症状が身体的病気ではないかと一通りの検査を受けた後「更年期障害による過呼吸症候群」などの病名がつけられ、対症療法の内服薬が処方されました。

めまい止め・睡眠導入剤・ビタミン剤などです。これらを内服していくうちに 諸症状は改善され、通常の生活レベルまでもどりました。多分、睡眠導入剤で十分な睡眠時間の確保をした事で、身体の疲れがとれ、その事で、精神面も安定したのだと思います。

また、適度な運動をする様に勧められましたが、自身の好きな運動で気が向いたときにしか出来ない私は 犬の散歩を朝・夕に早歩きで行っています。「毎日運動しないといけない」と強く思う事もストレスになるからです。

また、クラッシック音楽を主に料理などの家事をしている最中に日常的に流す事にしています。自分なりの音楽療法です。また、様々な仕事の悩みなども「健康なら解決出来る」と自分自身に言い聞かせるように言葉を発してみたり、つけている家計簿に退職後にしたい事を書き綴ってみたり、たまには映画館や美術館にも足をはこんでいます。

私の場合、心療内科を受診した事で 内にこもるだけでなく、体調のよい時は外に積極的に出かける事で 見る見るうちに症状が改善しまた。心療内科は、敷居が高く「精神疾患の人が通う」というイメージで、更年期障害とはなかなか結びつかないかも知れませんが更年期障害には「女性特有の病気に繋がる諸症状をだす原因に繋がる」として、一度受診する事で長く苦しんでいる悩みからも解放されるかもしれません。

更年期障害を認めるしか無かった私の体験談

更年期障害症状

現在私は、生理不順の悩み。その他に老眼、体のだるさ、精神的不安定など、1つが2つに、2つが3つへと重なり、ずっと外で働いてきた私でしたが、今は人との関わりを避けて通っています。何だか、自分がボロボロになっていくような気がしてたまらない今日このごろです。

今思えば40歳になった頃から、生理が来なかったり、来たと思うと月に3回あったことも1度や2度ではありません。勿論更年期障害を知らなかったわけではありませんが、自分にはまだまだ先のように思っていたのでまず認める事はありませんでした。

ただ何となく生理が遅れている。ただ何となく体調が悪い。そう思っていましたし、忙しくもしていましたから、ちょっと最近疲れているのかなーと思っていました。

月に3回生理があった時には、貧血症状がきつく目眩に悩み、もしかしたら、重大な病気になっているんじゃないかと、かなり落ち込んだ時もありました。誰もがそうだと思いますが、体調の優れない日が続くと、症状が治らないことにストレスが溜まり、ちょっとしたことでイライラしてしまいますよね。実に私も、イライラしていました。

そんなこんなで同じ症状を繰り返していてもまだ、更年期障害だとは思っていないんです。

食欲も落ちて体重も減り、ガリガリになってしまいました。こうなるともっとストレスが溜まり、段々と仕事をするのが辛くなって来ましたが、何とか耐えて耐えて45歳まで頑張りました。私が45歳になった頃、父の胃癌が見つかり、介護もありましたので今までの仕事を辞めて、家の近くでパートを数時間するようになりました。

そうすると、今までなかった食欲が出て来て、何を食べても美味しく、嘘のように初めは全ての症状がなくなったように思ったのです。が…それは、終わりではなく新たな始まりでした。

まず、大きく現れたのは眼でした。夕方になれば眼がぼやけて見にくくなり、酷い時には買い物に行って自分の車のナンバープレートが見えず間違ってしまったこともありました。そうすると、文字を見るときに遠くに離してみている自分に築き、薄々5年間の間で感じてはいましたが、まさかの老眼でした。

ショックはありましたが、まあ仕方がない。まず、老眼を認めました。

それから転がるように色々な症状で始めました。

次に感じたのは、中年太り。まさしくお腹にお肉が付き、二の腕にもつき…どんなに運動をしても、食べる量を減らしても、付いたお肉は消えません。それでも許せる範囲?の症状だったのでとうとう私もそういう年かなーなんて思っていただけでした。

それから現在私は47歳。7年前から続いている生理不順に加えて、貧血や目眩、体のだるさがあり、何となくあった動悸も激しくなって嫌になっています。パートに出ようかと思っても、考えるだけで億劫になってしまい、今は在宅ワークをしている毎日です。

人との関わりは嫌いじゃなかったのですが、今は多数の人と関わると、どっと疲れが出てしまい、夜には寝込んでしまう時もあります。

よく聞く更年期障害によるのぼせたりの症状は、自分できづいていないのかもわかりませんが、ないように思います。ただこの2、3ヶ月ほど寝つきが悪く、朝の4時、5時まで眠れない事も多く、朝方から10時くらいまで横になっています。

更年期障害が起きる時期や症状は人によって異なるとは思いますが、誰もが不快な毎日を過ごし、悩みとなっているでしょう。

今は市販薬もありますし、お医者さんに行けば薬を処方して頂けます。私は薬を飲みたくなくて、自律神経を整える副交感神経を温めたり、果物をよく食べるようにしています。酵素も良いとされているいるので、納豆などの発酵食品を取るように心がけています。食べたからと言って、すぐに効果が出るわけではありませんが、便通が良くなったり、お肌にツヤが出たように思います。

サプリなども沢山ありますが、出来るだけ食材で取れるものはとりたいと思っています。あと、寝る前に簡単なストレッチをする事で、寝つきが少し良くなりました。避けては通れない更年期障害の悩みですが、無理をせず付き合って行きたいと思います。

40代を前に自分に更年期障害の症状が出た!

40代更年期障害

三十代後半に差し掛かり、体調不良が気になるようになり、様々な症状があらわれます。

まず最初に悩み出したのは、めまいです。めまいと言っても一時的に起こるクルクル回転する様な症状ではなく、フラフラ体が浮いている様な感じで、頭がぼんやりしてハッキリしない。と言った様な症状です。慢性的で気付けば数年前、、2、3年前から症状があった様に思います。

悩んで色々調べていると、浮動性めまいと言う症状の様です。耳鼻咽喉科に行き、三半規管なども調べましたが異常はありませんでした。貧血の症状ではないか、と言う事で貧血の検査をしましたが、異常なしでした。

次に気になる症状は、頭痛です。若い頃から偏頭痛もちではありましたが、ここ数年は生理の前後1週間ほどは頭痛がします。めまいの件もありましたし、また脳神経外科でMRIを撮りましたが異常はありませんでした。

次の症状は、心拍が早く頻脈だと言われ、検査をしましたが、こちらも異常はありませんでした。冬場に特に頻脈になりやすく、ひどい時にはめまいと相まって気を失いそうになり、全身が痺れた感覚がし、本当にいつそのような症状が現れるのかと不安で悩みました。

春先になって、症状が少し治りましたが、日によってはやはり、浮動性めまいに悩まされています。

結局、脳神経外科、耳鼻咽喉科、循環器科、婦人科などを転々と回り検査しましたが異常がなく、自律神経の症状ではないか。と言われ神経科を受診するよう促されました。自律神経の乱れにはさまざまな要因があり、ストレスや生活の乱れ、環境の変化、更年期障害に伴う自律神経の乱れなどがあるというお話でした。

私の場合は、更年期障害であれば年齢的に若年性更年期障害にあたると言われました。

特にストレスを強く感じたり悩みを持っていて鬱になる、と言った症状はありませんが、体調が優れない事で悩む事は沢山あります。

若年性更年期障害に見られる、体のほてりや、寝つきが悪い。慢性的な疲労感がある。便秘に悩まされるなど、症状は様々です。育児などでなかなか身体や心を休ませる時間もありませんが、やはりリラックスして神経を休めたり、ホルモンバランスを整える様な食事や生活。また睡眠も重要だとの事でした。

確かに睡眠に関して言えば、寝つきも悪いうえに、夜中に4、5回は目を覚ましたり、雨音だけで目が覚めたりと、非常に眠りが浅いと感じています。あとは寝ている時の発汗が気になり、パジャマが汗で濡れ、寒くて目を覚ましたりする事もあります。

お薬を出してもらうのも手だとは思いますが、あまり長期間は服用を進めておらず、また40歳になる前に、子供をもう1人授かりたいと思っている私にとっては、服用は避けたいところです。若年性更年期障害の症状がありながら、出産となれば、ますますホルモンバランスが変わり不安や悩みもますばかりです。

ですが、とにかくまずは体調を整え妊娠できる身体つくりをする事が大事だと思っています。規則正しい生活と食事。運動もできる限り取り入れて、症状が1つずつでも改善するように努めています。ゆっくり動く心掛けで頻繁は治っていますし、不安や心配を和らげることで、身体の発汗やほてりも少しは改善しています。

若年性更年期障害なんて、違うだろうと思っていても、症状を書き出してみると当てはまる事が多くありました。

まずは、1つ1つの症状を専門の科で受診し異常がないことを前提として、ようやく自分が若年性更年期障害になっているのかも知れないと理解するのも大事だと思っています。

「更年期障害はずっと続くものではないから大丈夫!」と自分を励ましながら日々明るい気持ちで過ごすように努力しています。母も更年期障害に悩んでいましたが、今では元気にしていますし、必ず楽になると思っています。